バカラの遊び方

バカラテーブル

バカラは「カジノの王様」と呼ばれており、カジノのテーブルゲームの中でも大金が動く人気のギャンブルです。

ここではバカラのルールや遊び方を、できるだけ簡単にわかりやすく解説していきます。

バカラとは

バカラはトランプを使ったテーブルゲーム。「バンカー」か「プレイヤー」のどちらが勝つかを当てるだけというシンプルさが魅力の、簡単に遊べるカジノゲームとなっています。

バカラの歴史

「バカラ」は「ゼロ」という意味のイタリア語に由来しています。14世紀のイタリアが起源である説が有力で、初めはタロットカードでプレイされていたんだとか。フランスを中心に広くヨーロッパで遊ばれた後、19世紀にアメリカへ。1990代にはオンラインで遊ばれるようになって今に至ります。

バカラのルール

バカラは「バンカー」と「プレイヤー」という架空の役割に、第三者目線で賭けて勝負するゲームです。

  • 参加者はバンカー(BANKER)かプレイヤー(PLAYER)のどちらが勝つかを当てます。
  • 「プレイヤー」は自分ではなく架空のポジションで、単にそういう名前の役柄です。
  • 配当はバンカーに賭けた場合は1.95倍、プレイヤーでは2倍、ペアでは11倍、タイでは8倍です。バンカーで勝った時の5%の手数料がカジノ側の収益となります。
  • 数字の数え方は、「2~9」が数字通り、「A」が1点、「10、J、Q、K」が0点となります。

バカラのプレイ方法

ディーラーが「バンカー」と「プレイヤー」に2~3枚のカードを配り、カードの数字の下一桁の合計が「9」に近い方が勝ちとなります。基本的には2枚のカードで勝負しますが、3枚目のカードが配られることもあります。ただし4枚以上カードを引くことはありません。

  1. ゲーム開始
  2. ベットする
  3. ディーラーが「バンカー」と「プレイヤー」にカードを2枚ずつ配る
  4. カードの合計の下一桁の数字が「9」に近いほうが勝ち

カジノではディーラーがゲームを進行してくれるので、参加者は勝負の結果を予想するだけです。

バカラの賭け方

かけ方としては「バンカー」に賭ける、「プレイヤー」に賭ける、引き分けに賭けるという基本の3つと、「ペア」「ビッグ」「スモール」のサイドベットがあります。

バカラでよく使われる用語

バカラでよく使われる重要な単語を一覧にまとめてみました。覚えておくとゲームの進行がスムーズになるので、是非ご活用ください。

プレイヤー 先にカードが配られる役のこと
バンカー プレイヤーよりも後にカードが配られる役のこと
コミッション バンカーに賭けて勝った場合に払う手数料のこと
スクイーズ カードをじわじわとめくって何の数字かを見ていくこと
ナチュラル 最初に配られたカードの合計値が「8か9」のこと
ミニマムベット 最低賭け金のこと
マキシマムベット 最高賭け金のこと

オンラインカジノでプレイできるおすすめのバカラ

バカラには様々なバリエーションがあり、少しずつルールやベット額の幅が異なります。

●     スピードバカラ

ルールは通常のバカラと同じですが、ゲーム進行が早いので短時間でゲーム数を多くこなして稼ぐことができます。

●     ライトニングバカラ

ルールは通常のバカラと同じですが、ゲームごとに派手な演出の抽選があり、抽選に当たったカード込みで勝つと高額配当が得られます。

●     ノーコミッションバカラ

カジノ側に払う手数料なしでプレイできるバカラです。プレイヤー、バンカーのどちらに賭けても配当が基本的に2倍となります。

まとめ

バカラは勝つか負けるかが50%の確率で、勝ち負けがハッキリしていてわかりやすいゲームです。大金を賭けるプレイヤーも多く存在し、ハイローラーに特に人気のカジノゲームでもあります。 上手、下手も関係なく、特に知識がない初心者でも簡単に楽しめます。是非一度挑戦してみてください!